08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「骨董探偵・凌!!~こう見えて実は花嫁~」

「貴砺さん、折り入ってお話があります」

 改まって切り出すと、貴砺は真剣なまなざしで凌を見つめた。
 けれど。

「なんだ?」

 声に、わずかに笑みが滲んでいる。
 きっと以前の凌なら気づけなかった、微妙な変化。

(あ、これはバレちゃってる…)

 そう悟ったが、せっかくなので演技は続けることにした。

「塔眞家の問題も決着がつきましたし、そろそろ再就職しようと思うんです」
「ほう?」
「でもおれ、骨董業界しか経験がないので…」
「凌は私に永久就職したのではなかったか?」
「それとこれとは別です」

 貴砺の眉間に皺が寄った。
 久しぶりに見る難しい表情に、きゅんとときめく。昔はこの顔をされると怖かったなぁ…と、懐かしくなった。

「会社に戻ると?」
「まさか。戻りたいなんて我が侭を言ったらご迷惑ですよ」
「そんなことを心配しているのか。ならば会社を買収すればいい。おまえが社長だ。誰にも文句は言わせない」

 あはは、と思わず笑ってしまった。
 さすが貴砺。いくらエイプリルフールのお遊びでも、凌には出てこない発想だ。

「そんな大胆なことをしなくても、骨董の仕事はできますよ。あのね……起業しようと思うんです」
「ほう。資金はいくら必要だ? とりあえず100億ほどか? すぐに手配しよう」

 今度は噴き出してしまった。
 眉間に皺を刻んだこの塔眞貴砺が言うから、どんなお笑い芸人にも負けないおもしろさがある。

「ちなみに、円ですか? 香港ドルですか?」
「おまえの会社が使いやすい通貨で、いくらでも」

 すでに凌の会社が存在しているような口ぶりがおかしい。

「豪勢ですね」
「私の花嫁にはそれだけの投資をする価値がある」
「失敗するかもしれませんよ?」
「ならばその経験を糧に、次の挑戦をするがいい」

 自分と出逢う前の貴砺が、一度でも失敗した部下は容赦なく切り捨てていたことを知っている。
 きっと出逢った頃の貴砺なら、凌に対しても同じ判断を下しただろう。
 いつの間に、これほど寛大になっていたのだろう。
 たとえお遊びの会話だとしても、心にもないことは言わない人だ。

 貴砺と出逢って自分が変わったように、自分が少しでもこの人に影響を与えられていると思ったら、愛しさで胸がいっぱいになった。

「ありがとうございます。でも、資金は必要ありません。おれの身ひとつでできる仕事なので」
「私の花嫁か?」
「その称号は既に獲得済みです。それにパートナーは仕事じゃありません」
「ふむ……分かったぞ。私の秘書だな。それならば身ひとつでできる。採用しよう」
「違います」
「ならば、側近か? 分かった。王を解雇して…」
「しないでくださいっ。骨董の仕事ですってば! 骨董の、なんでも屋です!」

 思わぬ方向に話が転がろうとするから、うっかり普通にバラしてしまった。
 もっともったいぶってなぞなぞみたいに言うつもりだったのに。
 そしてすかさず、なんちゃって、とネタばらしする予定が、変に間が空いてしまった。

「な、なんちゃ…」
「反対だ」

 頭ごなしに言われて、思わずムッとした。
 エイプリルフールのネタなのに。
 貴砺も凌の遊びにノッてくれているだけだと分かっているけれど、そんなふうに反対されたら反発したくなってしまう。

「…っ、どうしてですか? 今までだって、仕事としてではないけど、一族の方たちからの骨董の相談にちゃんと乗れてましたよね? ……ちゃんと、は言い過ぎですけど。……自分の力だけじゃ全然無理で、貴砺さんに助けてもらってばかりでしたけど、でも……」
「業務内容に異論はない。問題はネーミングだ」
「……え?」
「『なんでも屋』だと? そのような看板を掲げて、『花嫁になれ』との依頼が殺到したらどうするつもりだ? 考えただけで腹立たしい」

 何を言っているのだろう、このひとは。

「ましてや性的な要求を、」
「ありえません!」
「必ずある。少なくとも私が依頼する」

 キッパリと言い切った貴砺に、唖然とした。
 本当に、このひとは何を言っているのだ……。

「『なんでも屋』は許さない。『探偵』にしろ。それならば依頼を厳選できる」
「……ええと。本来の骨董業界から離れてしまうと思うんですが」
「『骨董探偵』とすればいい」

 これはツッコんでいいところだろうか。

「実際、そうだろう。今までの一族の者からの頼み事といえば、手持ちの骨董の来歴を調べてほしいやら、探している骨董があるやら、探偵のようなものだったではないか」
「……ええと、それを言うなら、古物商のほとんどが探偵と名乗っていいようなものだと思いますが……」
「名乗りたければ名乗ればいい。探偵に免許は必要ない」

 確かに。

「『骨董探偵・凌』……ふむ。なかなかそそられるではないか」

 そそられるとは一体。

「店舗は構えるのか?」
「えっ? いえ、いりません」

 思わず普通に答えてしまった。

「ふむ。ならば必要とするのは名刺と……あとはユニフォームだな。ツイードのマントとハンチング帽にパイプか」

 どこの探偵だ。
 というか、探偵か。
 貴砺も探偵という言葉からそんなイメージを思い浮かべるのかと新鮮に思う。

「いや、『骨董探偵・凌』がそのようなステレオタイプの探偵におさまるわけがなかったな。ユニフォームはチャイナ服だ」
「っ!?」
「スリットは大胆に入れる。だが、私以外の人間の前ではズボン着用を義務付ける」

 唐突に貴砺は立ち上がり、内線電話を手にした。
 第一側近である王月林に直通だ。

「チャイナ服用の生地を持ってこさせろ。凌の肌に触れることを許せる、最高級のものを」

 そんなことを命じたら、本当に持ってこられてしまう。

「ちょっ、ちょっと待ってください」
「あとは……」

 縋りついて止めようとする凌をチラリと見下ろし、貴砺が言葉を切る。
 くいっと頤を摘まれた。
 ドキッとする。キスの予感に慌てて離れようとしたが、漆黒の眸に見つめられると体が動かない。

「マスカレード用の仮面を」
(……は?)

 凌の疑問を残したまま、貴砺は内線電話を置く。
 そして腰を抱き寄せられた。
 至近距離から見下ろされる。唇に貴砺の吐息が触れ、鼓動が早鐘を打つ。

「依頼人との面会の際は、必ず仮面を装着すること。おまえの美貌を他人に見せてやるほど、私は心が広くない」

 もうどこからツッコめばいいのか分からない。
 とりあえず、これがエイプリルフールのネタだということだけは念押ししておかなければ。
 
「……え、えいぷりる…んっ」

 唇を塞がれた。すぐに深いものになり、呼吸を奪われる。
 キスの合間になんとか言葉にしようとするけれど、エイプリルフールという簡単な単語さえも紡ぐことができない。貴砺がくれるくちづけは、いつだって情熱的すぎる。

「骨董探偵・凌。初めての依頼だ。奪われてしまった私の心は、どこにある…?」

 そう囁いた貴砺に抱き上げられて、ベッドに運ばれ……うっかりとろけさせられてしまった凌が念押ししなかったことを後悔するのは、仕立て上がったチャイナ服と名刺を目の前に並べられる、翌日のことだった。
 しかも初めての依頼とやらがまったく骨董と関係なかったことに、凌は「今さらだけど…」と思いつつツッコんだ。


 ~完~  
関連記事

プロフィール

水瀬結月

Author:水瀬結月
BL作家です。
お仕事・同人誌のご案内ブログです。
よろしくお願いします。

*****
お問い合わせはメールフォームをご利用ください。
メッセージは、各記事の拍手ボタンからもお送りいただけます。
よろしければご感想などお聞かせくださいね(*^^*)励みになります♥

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

お問い合わせ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。